こんなところに年齢が出るとは...

先週日曜日に親知らずを抜いてきました。
週の初めぐらいから奥歯が痛くなってたので見てもらってきました。

その結果親知らずに虫歯が出来ていることがわかったんです。
先生は、治療するか抜くかどちらにしますか?って
聞いてくれたのですが、奥のほうなのでもともと磨きにくかったのと
抜くほうが治療するより手っ取り早そうっていう、とってもいい加減な理由で
あっさり抜歯を選択しました。

抜歯ってかなり前にしたっきりだったのですっかり忘れてましたが
けっこう原始的ですよね。
見えてないけど、多分ペンチみたいなのでがしがしって引き抜く感じ。
大昔から抜歯の方法って変わってないんだろうなってちょっと感心してしまいました。
でも、麻酔が効いてて痛くないのでそんなことをのんびり考える余裕もあったんですよね。

実際抜歯自体は5分ほどで終わったしその時点では楽勝って思ってたんですが
そこからの展開が結構予想外でした。

ちょうど昨日で1週間だったんですが、8日目の今日になってもまだ痛いんです。
痛み止めが切れると、痛くなってくる状態。

日曜日に抜歯して、月曜日に消毒と抜歯後のチェックをしてもらって
きれいに治ってきてますって言ってもらったものの
痛みが治まらなかったので木曜日にクリーニングで通院した時にも痛み止めを
追加で出してもらったいました。
でも1週間たってもまだ痛いので、ひょっとして化膿してるのでは? 
とびびってもう一度見てもらってきました。

結果はやっぱり抜歯後はきれいに治ってきているので問題はないとのこと。

私、親知らずが4本ともはえていたんですが、すでに3本は抜歯済みで
その時は特に困った記憶もなかったので、今回も軽く抜歯を決めたのに
今回だけどうしてなんですかねぇ?って先生に聞くと
若い時の抜歯と年齢を重ねてからの抜歯では、歯ぐきの骨の水分量が
違ってきているので、骨に弾力がなくなっているために痛みが長引くことがあるんですよ
とのこと。

これは初耳でした。
こんなところでおばはんになってたことを実感するとは。
なんでも若い時と同じだと思ったら痛い目(まさにこれ!)をみるという
良い教訓になりました(^^;

ってことは、今回抜歯せずに治療してもっと先に抜くことになってたら
今よりさらに痛みが長引くってことなんでしょうか?
ってことはやっぱり抜歯して正解だったのかな。

結局痛み止めは合計20回分もらってきたことになるんですが
あと6回分しか残ってない状態。
これを飲み終わるまでにおさまってくれることを結構真剣に祈ってます

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック